かんたん世界歴史人物評

世界史(中国史を除く)に登場する様々な人物を完全主観で評価。かんたんに世界の歴史人物をチェック!

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカンデルベグ


Category: アルバニア・ブルガリア・マケドニア
スカンデルベグ 能力データ
魅力 6 / 統率力 7 / 戦闘力 6 / 政治力 4 / 知力 5

スカンデルベグは中世アルバニアの君主であり、オスマン帝国に抵抗した民族的英雄。
アルバニア中部の領主ジョン・カストリオティの子で父がバルカン半島で勢力を広げるオスマン帝国に臣従した為に兄弟と共に人質となり、イスラム教に改宗。ムラト2世の宮廷に仕える騎士として東ローマ帝国やセルビア、ハンガリーとの戦いに従軍、その勇敢さからアレクサンドロス大王にちなんだスカンデルベクの名を受けた。
1437年頃、父の領土を封土(ティマール)として与えられてアルバニアに帰国。オスマン帝国の支配下でアルバニアの軍司令官となったが、1443年にオスマン帝国に反旗を翻す。スカンデルベグはキリスト教に再改宗してヴェネツィア共和国、ナポリ王国やローマ教皇の支援を取り付け、アルバニアの北半を統一。1450年と1466年にはムラト2世とメフメト2世の派遣したオスマン軍を撃退することに成功し、25年間にわたって独立を保つ。

スカンデルベグが病死した後もアルバニアは12年間にわたって独立を維持したが、1480年に最終的にオスマン帝国によって併合される。スカンデルベクは、同時代のハンガリーのフニャディ・ヤーノシュ、ワラキアのヴラド・ツェペシュと並んでオスマン帝国のヨーロッパへの拡大を遅らせた英雄と言われ、19世紀にアルバニア人の民族意識が高まるとオスマン帝国からの独立を目指したスカンデルベクは民族的英雄として高く評価され、アルバニアの独立運動と国民統合に大きな役割を果たした。

テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学

ホルエムヘブ


Category: エジプト・サウジアラビア
ホルエムヘブ 能力データ
魅力 7 / 統率力 7 / 戦闘力 5 / 政治力 7 / 知力 7

「ホルス神は歓喜する」を意味する名をもつホルエムヘブは、古代エジプト第18王朝最後のファラオで。アメンホテプ3世の時代から王家に仕えた軍人であり、ツタンカーメンの時代には将軍の地位にあった。
紀元前1323年、高齢だったアイの死後にアイが後継者に指名していた軍司令長官のナクトミンを打倒し、ホルエムヘブが即位。王女ムトノメジットを娶っていた為、王朝の継続性は維持される。即位後は軍人出身者を神官に任命、王朝中期以来ファラオの権力を脅かしていたアメン神官団を統制下に置くことでファラオの権力を回復する。 自らをアメンホテプ3世の後継者として位置付け、アクエンアテン以降四代の王の存在を抹殺、これら諸王の業績を自らのものとしているが、アマルナ諸王特にアクエンアテンの評判が悪かった為か、特に非難を受けることもなかった。関係が良好であったアイの事跡をも抹消している理由は不明だが、ナクトミンを重用したことに対する反感、簒奪者としての汚名から友人であった彼を守るためと二つの理由が考えられる。

アマルナ時代以前の旧制への復帰を図り、優秀な腹心であり親友でもある軍司令官パ・ラメス(ラムセス1世)の補佐を受け腐敗しきっていた政界、官界及び軍隊を改革、大きな成果を挙げる。統治は悪徳に厳罰をもって臨む厳格なものであったが、民衆からは支持された。
即位した時既に高齢で子には恵まれなかった為、遺言によりパ・ラメスがファラオとして即位。ホムエルヘブは王家の谷のKV57に埋葬され、彼の死をもって第18王朝は終焉したとみなされる。

テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学

アブラハム


Category: イラク・イラン
アブラハム 能力データ
魅力 9 / 統率力 6 / 戦闘力 2 / 政治力 3 / 知力 6

アブラハムはユダヤ教・キリスト教・イスラム教を信じるいわゆる聖典の民の始祖。ノアの洪水後、神による人類救済の出発点として選ばれ祝福された最初の預言者で「信仰の父」とも呼ばれる。
ユダヤ教の教義では全てのユダヤ人の、またイスラム教の教義では、ユダヤ人に加えて全てのアラブ人の系譜上の祖とされ、神の祝福も律法(戒律)も彼から始まる。イスラム教ではイブラーヒームと呼ばれ、ノア(ヌーフ)、モーセ(ムーサー)、イエス(イーサー)、ムハンマドと共に五大預言者のうちの一人とされる。キリスト教の正教会においてはアウラアムと称され、聖人に列せられている。

テラの子アブラハムは文明が発祥したメソポタミア地方カルデアの古代都市ウル(現在のイラク南部)において生まれた。テラはその息子アブラハムと、孫でアブラハムの甥に当たるロト、及びアブラハムの妻でアブラハムの異母妹に当たる見目麗しいサライ(のちのサラ)と共にカナンの地(ヨルダン川西岸。現在のパレスチナ)に移り住むことを目指してウルから出発するが、途中のハランにテラ一行は住み着く。
アブラハムは父テラの死後、エホバ神から啓示を受けてこれに従い、妻サライ、甥ロト、およびハランで加えた人々と共に約束の地カナン(パレスチナ)へ旅立つ。アブラハム75歳の時のことである。アブラハム一行はアブラハムがカナン地方(ヨルダン川西岸)を、ロトがヨルダンの低地全体を選び取って住み分け、ロトはのちに東の方、ヨルダン川東岸に移動した。尚、ロトがヨルダンの低地を選び移り住んだ時点では、そこにはまだソドムとゴモラが存在しており、これらの都市は神の怒りによって滅ぼされる直前であった。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教を信じるいわゆる聖典の民は、いずれも彼を唯一神エホバが人類救済の為に選んだ預言者として篤く尊敬し、祝福する傾向が強い。その為、これらの宗教は「アブラハムの宗教」とも呼ばれる。彼は老齢になっても嫡子に恵まれなかった(ハランを出発したときは75歳)が、神の言葉通り後に老妻サラ(サライ)との間に嫡子イサク(イツハク)を授かる。アブラハム100歳の時の事である。後にアブラハム137歳の時、妻サラは127年の生涯を閉じ、アブラハムは175歳で世を去った。
アブラハムの墓廟はパレスチナのヨルダン川西岸地区ヘブロンにあり、ユダヤ教とイスラム教の聖地として尊崇されている。ユダヤ人はイサクの子ヤコブ(ヤアコブ)を共通の祖先としてイスラエル12部族が派生したとし、アブラハムを「父」として崇め、また「アブラハムのすえ」を称する。 一方でイサクの異母兄に妾ハガルから生まれた一子イシュマエル(イシュマイール)があり、旧約聖書の伝承では彼がアラブ人の先祖となったとされる。又、全てのユダヤ教徒の男子はアブラハムと神との契約により、生後8日に割礼を受ける定めである。

テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学

サルゴン


Category: イラク・イラン
サルゴン 能力データ
魅力 7 / 統率力 9 / 戦闘力 8 / 政治力 7 / 知力 7

サルゴンはアッカド帝国を建国した古代オリエント政治史上最も有名なメソポタミアの王。
女性祭司(恐らく神殿娼婦)の子として生まれた為、その出生を隠され篭にいれられてユーフラテス川に流され、キシュの庭師に拾われて育つ。その後キシュ王ウル・ザババの酌を務める役人としてキシュ王国に仕える。
やがてアッカド市で王位を確立した後、シュメール諸都市を糾合していたウルク王ルガルザゲシを攻め、これを捕虜とする。それによってシュメールとアッカドを統一。更にエラム地方に遠征し、アワン王を中心に連合した4人のエラムの王を打倒してこれを征服、その北隣のシムルムも制圧した。
その後西方遠征に乗り出し、マリを始め、エブラ、アナトリア南東部の「銀の山(タウルス山脈)」、「レバノン杉の森(アマヌス)」を征服。これらの業績によって彼は「上の海(地中海)から下の海(ペルシア湾)までを征服した王」と記録される。そしてサルゴンが作ったこの領域は史上初の帝国であると言われる。
娘のエンヘドゥアンナはウル市の月神ナンナの神官となり、賛歌などさまざまな文学作品を残している。サルゴンの長い治世の後、息子のリムシュがアッカド王位を継いだ。

サルゴン時代に使用され、後世に伝えられた王号の中でも重要な物に「世界の王」がある。この王号は彼の子孫であるアッカド王達によって踏襲された他、アッシリアのシャムシ・アダド1世等によっても用いられた。アッカド時代に関する伝説は主に建国者サルゴンと破壊者ナラム・シンという対比によるものが多い。

テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学

ペルディッカス


Category: アルバニア・ブルガリア・マケドニア
ペルディッカス 能力データ
魅力 6 / 統率力 7 / 戦闘力 7 / 政治力 6 / 知力 6

紀元前335年、ピリッポス2世の暗殺に乗じてマケドニアに対して武装蜂起したテバイとの戦いで、陣営警備の任に当たっていた時にペルディッカスはアレクサンドロス3世の命令を待たずに敵の防柵に攻撃をかけ、他の部隊もそれに加わって大規模な戦いとなる。ペルディッカスはテバイ軍の前哨部隊を撃破したが、敵の第二陣への攻撃の際に負傷し、後方に移された後、テバイは陥落した。又、アレクサンドロス3世の北伐にも参加し、王の指揮下でグラウキアスとクレイトスを夜襲して破る。
ペルディッカスはアレクサンドロス3世の東征に参加、グラニコス川の戦い、イッソスの戦い、ガウガメラの戦いといった主要な会戦で重装歩兵部隊を指揮。又、ソグディアナやインドでは別働隊を任されるなど、王の信頼篤い重臣の一人でもあった。ヒュダスペス川の戦いでは騎兵の一隊を率いて別働隊と共に他のマッロイ人の町に分遣され、町を放棄して逃げた敵に追い討ちをかけて多数を殺傷。そしてヘファイスティオンが病死した際にはヘタイロイの指揮官の地位を引き継ぎ、同時に千人隊長の任に就く。又、同年スサにて開催された集団結婚式でメディア太守でペルシア貴族のアトロパテスの娘を娶る。

ペルディッカスは臨終のアレクサンドロス大王によって印綬の指輪を渡され、王の死後に開かれたバビロン会議では主導権を握り、王の遺児でまだ生まれぬロクサネの子(後のアレクサンドロス4世)の暫定的な後見人、摂政となり、帝国の実質的なトップの座に就く。その際、ペルディッカスはアレクサンドロス3世の異母兄弟のアリダイオスを推す歩兵とそれに迎合した武将メレアグロスとの騒動で一時は殺されそうになるが、騎兵と他の諸将の支持を得て歩兵達を説得して和解し、アリダイオスを王としてロクサネの子が男子ならその共同統治者とし、共にロクサネの子の後見人になることにしてメレアグロスとも妥協、難なきを得る。しかし、その直後にメレアグロスを殺害、ライバルを減らした。
その後、ペルディッカスはバビロン会議で未だ征服されぬカッパドキアを割り当てられた盟友エウメネスの為にカッパドキアへと遠征し、同地の王アリアラテス1世を滅ぼす。又、自らの勢力の安定化の為、重臣アンティパトロスとの連携を目論み、彼の娘ニカイアとの結婚を申し出たが、ペルディッカスを自分の側に引き入れようと考えたアレクサンドロス3世の母オリュンピアスは、自分の娘クレオパトラとの結婚を勧める。そこでペルディッカスは一旦アンティパトロスの娘と結婚し、直ぐ離婚してクレオパトラと結婚しようとした為、アンティパトロスはそれに怒り、彼に警戒心を抱いていたクラテロス、プトレマイオス、アンティゴノス1世らの諸将と共に対ペルディッカス同盟を結び、戦争の運びとなる。

ペルディッカスは小アジアに味方の諸将を配置しつつ、そこでの戦いをエウメネスに任せ、自身はプトレマイオスを滅ぼすべく軍勢を率いてエジプトに向かったが、ナイル渡河に失敗。落胆した兵士達によって反乱が起こり、部下のペイトン、アンティゲネス、セレウコス1世らによって暗殺された。

テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

ただの世界史好き

Author:ただの世界史好き
かんたん世界歴史人物評は管理人の主観による人物伝です。中国史は別サイトを見ていただくとして、それ以外の世界の歴史人物を出来るだけ沢山採り上げていきます。

 
世界歴史人物人気トップ10
 
 
 
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。