かんたん世界歴史人物評

世界史(中国史を除く)に登場する様々な人物を完全主観で評価。かんたんに世界の歴史人物をチェック!

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ダレイオス1世


Category: イラク・イラン
ダレイオス1世 能力データ
魅力 8 / 統率力 5 / 戦闘力 4 / 政治力 9 / 知力 8

ダレイオス1世(ダレイオス大王)はアケメネス朝ペルシア第3代の王で、その名は「ワウ(よきもの)を保持する者」という意味。ダレイオス1世は全土を約20の行政区(サトラピー)に分割し、それぞれに総督(サトラップ)を配置。その上で各地を結ぶ交通網を整備し、総督の監視や情報伝達の為に「王の目」「王の耳」と称される監察官を派遣。このように中央集権体制を整備し、エーゲ海からインダス川におよぶ最大版図を統治したアケメネス朝全盛期の王である。
彼の時代に新都ペルセポリスが造営されるが、政治的中心はスーサであり続けた。交通網の整備は当時としては驚異的な速度で通信や移動を行うことを可能とし、とりわけスーサとサルデスを結ぶ「王の道」は有名。中央集権的な統治体制を整備する一方で帝国内の諸民族には寛容な政策をとり、交易で活躍するアラム人やフェニキア人の活動を保護。上質な金貨・銀貨を鋳造して帝国各地への流通を図るが、その成果は限定的であった。

スキタイ人征伐の為、南ロシア平原に侵攻するもスキタイの焦土作戦に苦しめられ撤退。又、イオニア植民市の反乱を機として、ギリシアとの間で約50年に及ぶペルシア戦争を開始させる。しかし戦争の途中でダレイオス1世は死去、戦いは息子のクセルクセス1世に引き継がれた。
アケメネス朝は、アケメネスを祖としてキュロス2世(キュロス大王)の時にリュディアや新バビロニアを滅ぼし、オリエントを統一して大帝国となった。ダレイオス1世は内乱の後に推戴されて帝位についたとされるが、この事件はダレイオス1世によるキュロス2世の王朝簒奪の見方が強い。



テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学


Comments

Leave a Comment



03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

01

09


 
プロフィール

ただの世界史好き

Author:ただの世界史好き
かんたん世界歴史人物評は管理人の主観による人物伝です。中国史は別サイトを見ていただくとして、それ以外の世界の歴史人物を出来るだけ沢山採り上げていきます。

 
世界歴史人物人気トップ10
 
 
 
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。