かんたん世界歴史人物評

世界史(中国史を除く)に登場する様々な人物を完全主観で評価。かんたんに世界の歴史人物をチェック!

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スカンデルベグ


Category: アルバニア・ブルガリア・マケドニア
スカンデルベグ 能力データ
魅力 6 / 統率力 7 / 戦闘力 6 / 政治力 4 / 知力 5

スカンデルベグは中世アルバニアの君主であり、オスマン帝国に抵抗した民族的英雄。
アルバニア中部の領主ジョン・カストリオティの子で父がバルカン半島で勢力を広げるオスマン帝国に臣従した為に兄弟と共に人質となり、イスラム教に改宗。ムラト2世の宮廷に仕える騎士として東ローマ帝国やセルビア、ハンガリーとの戦いに従軍、その勇敢さからアレクサンドロス大王にちなんだスカンデルベクの名を受けた。
1437年頃、父の領土を封土(ティマール)として与えられてアルバニアに帰国。オスマン帝国の支配下でアルバニアの軍司令官となったが、1443年にオスマン帝国に反旗を翻す。スカンデルベグはキリスト教に再改宗してヴェネツィア共和国、ナポリ王国やローマ教皇の支援を取り付け、アルバニアの北半を統一。1450年と1466年にはムラト2世とメフメト2世の派遣したオスマン軍を撃退することに成功し、25年間にわたって独立を保つ。

スカンデルベグが病死した後もアルバニアは12年間にわたって独立を維持したが、1480年に最終的にオスマン帝国によって併合される。スカンデルベクは、同時代のハンガリーのフニャディ・ヤーノシュ、ワラキアのヴラド・ツェペシュと並んでオスマン帝国のヨーロッパへの拡大を遅らせた英雄と言われ、19世紀にアルバニア人の民族意識が高まるとオスマン帝国からの独立を目指したスカンデルベクは民族的英雄として高く評価され、アルバニアの独立運動と国民統合に大きな役割を果たした。



テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学


Comments

Leave a Comment



03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

01

09


 
プロフィール

ただの世界史好き

Author:ただの世界史好き
かんたん世界歴史人物評は管理人の主観による人物伝です。中国史は別サイトを見ていただくとして、それ以外の世界の歴史人物を出来るだけ沢山採り上げていきます。

 
世界歴史人物人気トップ10
 
 
 
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。