かんたん世界歴史人物評

世界史(中国史を除く)に登場する様々な人物を完全主観で評価。かんたんに世界の歴史人物をチェック!

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サルゴン


Category: イラク・イラン
サルゴン 能力データ
魅力 7 / 統率力 9 / 戦闘力 8 / 政治力 7 / 知力 7

サルゴンはアッカド帝国を建国した古代オリエント政治史上最も有名なメソポタミアの王。
女性祭司(恐らく神殿娼婦)の子として生まれた為、その出生を隠され篭にいれられてユーフラテス川に流され、キシュの庭師に拾われて育つ。その後キシュ王ウル・ザババの酌を務める役人としてキシュ王国に仕える。
やがてアッカド市で王位を確立した後、シュメール諸都市を糾合していたウルク王ルガルザゲシを攻め、これを捕虜とする。それによってシュメールとアッカドを統一。更にエラム地方に遠征し、アワン王を中心に連合した4人のエラムの王を打倒してこれを征服、その北隣のシムルムも制圧した。
その後西方遠征に乗り出し、マリを始め、エブラ、アナトリア南東部の「銀の山(タウルス山脈)」、「レバノン杉の森(アマヌス)」を征服。これらの業績によって彼は「上の海(地中海)から下の海(ペルシア湾)までを征服した王」と記録される。そしてサルゴンが作ったこの領域は史上初の帝国であると言われる。
娘のエンヘドゥアンナはウル市の月神ナンナの神官となり、賛歌などさまざまな文学作品を残している。サルゴンの長い治世の後、息子のリムシュがアッカド王位を継いだ。

サルゴン時代に使用され、後世に伝えられた王号の中でも重要な物に「世界の王」がある。この王号は彼の子孫であるアッカド王達によって踏襲された他、アッシリアのシャムシ・アダド1世等によっても用いられた。アッカド時代に関する伝説は主に建国者サルゴンと破壊者ナラム・シンという対比によるものが多い。



テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

ただの世界史好き

Author:ただの世界史好き
かんたん世界歴史人物評は管理人の主観による人物伝です。中国史は別サイトを見ていただくとして、それ以外の世界の歴史人物を出来るだけ沢山採り上げていきます。

 
世界歴史人物人気トップ10
 
 
 
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。