かんたん世界歴史人物評

世界史(中国史を除く)に登場する様々な人物を完全主観で評価。かんたんに世界の歴史人物をチェック!

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



テュレンヌ


Category: アイルランド・イギリス・フランス
テュレンヌ 能力データ
魅力 10 / 統率力 9 / 戦闘力 6 / 政治力 3 / 知力 8

ルイ13~14世治世に活躍したフランス戦史に残る名将テュレンヌをナポレオン・ボナパルトは「フランス最高の将軍」と評価、セント・ヘレナ島では「もし私にテュレンヌのような男がいたなら、世界の覇者になっていただろう」と語っている。
プロテスタントの名門貴族に生まれたテュレンヌは19歳で大佐、24歳で少将、32歳で元帥とめざましく昇進。ルイ13世の死後に一時的にフロンドの乱に加わって幼少のルイ14世に楯突いたこともあったが直ぐ国王側に転じて国王軍の先頭に立って大貴族の反乱鎮圧にあたった。
砂丘の戦いでスペイン軍に大勝した後、テュレンヌはルイ14世によってフランス史上6人しかいない総元帥(大元帥)に任じられる。彼の生涯で最も素晴らしい戦いは、オランダ戦争中のアルザス戦役で、冬の真っ只中にヴォージュ山脈を迂回するという大胆な機動作戦で神聖ローマ皇帝軍の虚を突き、皇帝軍をライン川の彼方に追いやった。このアルザス戦役の七ヵ月後、ザスバッハの戦いで勝利を得ながらも砲弾にあたって戦死。テュレンヌの死にフランス中が悲しみに包まれたという。

テュレンヌはルイ14世の特命によって、デュ・ゲクランと同じくサン・ドゥニ教会に埋葬されるという特別待遇を受けたが、1800年に遺骸はパリのアンヴァリッドに移された。ナポレオン・ボナパルトの遺骸も1840年にセント・ヘレナ島からアンヴァリッドに運ばれてきたので、ナポレオン・ボナパルトはお気に入りの将軍と同じ場所で眠ることになったのである。



テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学


Comments

質問です 
このホームページを見て「あ、世界史って面白いのかも…」って思って教科書を引っ張り出してきましたww

普段はこういった知識とは全く関係のない仕事をしているので、知識も浅いんですけど、あれだけ嫌いだった高校のころの教科書を「読もう!」って思っただけ当HPの影響力は大きいような気がします!

サファヴィー朝だとか、セレウコス朝だとか、あまり耳にしたことのないところに興味を持ってしまったんですけど、初心者にもわかりやすくイスラム世界の歴史がわかるような資料ってありますか??

学歴がないので難しいものだとちょっと戸惑ってしまいますww

ただ、教科書を読んでると、「オスマン帝国ってやたら強そう…」と感じ、さらに、「オスマン帝国を倒したティムール朝」というさらに強いところが出てきたりして興奮しています!w
 
 
>AKIさんへ

ありがとうございます。
世界史は国ごとや事象、背景から追っていくのもありですが、人物から入っていくとそれらが自ずと理解出来たりしますので面白いですよね。

早速ですが、セレウコス朝の創始者セレウコス1世をアップしました。ディアドコイ(アレクサンドロス大王の後継者達)であるエウメネスを扱った漫画で「ヒストリエ」はオススメです(当サイトのサイドバーやセレウコス1世のところでも表示させています)。

サファヴィー朝やイスラム史については直近で人物をアップする予定なので、楽しみにしてくださいね(世界史や宗教史など解り易い本もチョイスします)。
ティムール朝のティムールは既にアップしているので、また見てもらえると嬉しいです。
オスマン帝国は当サイト右サイドバーの検索窓で「オスマン帝国」で調べてもらえれば、関係する人物が出てきます。
 

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

ただの世界史好き

Author:ただの世界史好き
かんたん世界歴史人物評は管理人の主観による人物伝です。中国史は別サイトを見ていただくとして、それ以外の世界の歴史人物を出来るだけ沢山採り上げていきます。

 
世界歴史人物人気トップ10
 
 
 
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。