かんたん世界歴史人物評

世界史(中国史を除く)に登場する様々な人物を完全主観で評価。かんたんに世界の歴史人物をチェック!

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



バイヤール


Category: アイルランド・イギリス・フランス
バイヤール 能力データ
魅力 9 / 統率力 7 / 戦闘力 8 / 政治力 4 / 知力 6

フランスでルネサンスが始まろうとしていた頃、ルイ11世に続くシャルル8世、ルイ12世、フランソワ1世はイタリアの煌びやかな文化と商業的繁栄に惹かれて何度となくイタリア遠征を繰り返した。イタリアの夢にとらわれたこの三代の国王に仕えたバイヤールは「恐れ知らずにして非難の余地なき騎士」と呼ばれ、騎士の理想とされた人物である。
バイヤールは20歳前後でイタリアにて初陣を飾って以来、30年間ほとんど毎年のようにイタリアへ出陣し、戦場にかかるガリグリアーノ橋を守る為にたった一人で200人の敵と戦う等、数々のめざましい手柄を立てた。彼はまず何よりも軍人としての名誉を重んじ、人間的にも非常に優れた人物で、戦場では勇猛果敢に戦うが一旦勝利を収めた後は敗れた敵に対して寛大であり、貧しい人々にも優しかった。全イタリア戦争を通じて最高の勝利と言われるマリニャーノの戦いでバイヤールが決定的な働きをした後、フランソワ1世は彼の手で騎士に叙されることを望んだ。

バイヤールは敵方の将兵からさえ尊敬され、イタリアの戦野で弩にうたれて戦死した時、味方ばかりでなく居合わせた敵の兵士達も死を悼んで涙を流すという奇妙な光景が現出する。イアリア遠征軍の最高司令官であったガストン・ド・フォアがかすんでしまうほどにバイヤールの評判が高い国民的英雄になったのは、非難の余地なき武将でもあったからであろう。



テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学


Comments

Leave a Comment



12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

11

01


 
プロフィール

ただの世界史好き

Author:ただの世界史好き
かんたん世界歴史人物評は管理人の主観による人物伝です。中国史は別サイトを見ていただくとして、それ以外の世界の歴史人物を出来るだけ沢山採り上げていきます。

 
世界歴史人物人気トップ10
 
 
 
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。