かんたん世界歴史人物評

世界史(中国史を除く)に登場する様々な人物を完全主観で評価。かんたんに世界の歴史人物をチェック!

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ヤン・ジシュカ


Category: オーストリア・チェコ・ベルギー
ヤン・ジシュカ 能力データ
魅力 6 / 統率力 7 / 戦闘力 5 / 政治力 4 / 知力 6

ヤン・ジシュカは、ボヘミアで1419年から起ったフス戦争の英雄。
隻眼であったため、隻眼のジシュカと称された。はじめ没落したボヘミアの小貴族であったが、智勇兼備の人物であったため、傭兵となって次第に頭角を現わしてゆく。1410年のタンネンベルクの戦いにも参加。この頃、ボヘミアには教会の私有財産保有に反対する宗教改革者ヤン・フスがいたが、ジシュカはこのフスの考えに心酔し、同じくフスの考えを支持するフス派の急進派に近づいてゆく。1415年、フスが火刑にされるとローマ教皇や時の神聖ローマ皇帝ジギスムントに対して反感を抱くようになり、1419年にジギスムントがボヘミア王に即位するとこれに反抗してフス戦争を引き起こした。1420年、ボヘミア南部の城塞都市ターボルを拠点としてフス派の中でも特に最急進派といわれたターボル派を結成し、その司令官となって軍を主導。ジシュカが作り出したターボル派の軍事力は、信仰に基づく厳格な軍紀と短銃や堡塁車両などの新兵器により、相当な強さを誇っていたと言われている。このためジギスムントの神聖ローマ帝国軍も、ジシュカの前に何度も大敗を喫してしまった。

1421年、ジシュカは強大な軍事力を背景としてジギスムントのボヘミア王廃位を宣言し、臨時政府を樹立する。その後もジギスムントの神聖ローマ帝国軍に連戦連勝を重ねたが、まもなく病のために失明。さらにローマ教皇やジギスムントとの和睦を求めるフス派の穏健派とも対立するなど、晩年は苦難の連続であった。 1424年、モラヴィア遠征中にペストにかかり、間もなく死去。



テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学


Comments

Leave a Comment



05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
プロフィール

ただの世界史好き

Author:ただの世界史好き
かんたん世界歴史人物評は管理人の主観による人物伝です。中国史は別サイトを見ていただくとして、それ以外の世界の歴史人物を出来るだけ沢山採り上げていきます。

 
世界歴史人物人気トップ10
 
 
 
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。