かんたん世界歴史人物評

世界史(中国史を除く)に登場する様々な人物を完全主観で評価。かんたんに世界の歴史人物をチェック!

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



乃木希典


Category: 日本
乃木希典 能力データ
魅力 9 / 統率力 5 / 戦闘力 5 / 政治力 2 / 知力 4

東郷平八郎とともに日露戦争の英雄と言われた聖将乃木希典は若い頃は放蕩の限りを尽くしたが、ドイツ帝国留学において質実剛健なプロイセン軍人に影響を受け、帰国後は質素な古武士のような生活を旨とするようになった。当時にしては上背があり、頭部が小振りで、足が長く長靴の軍装が映えた。乃木希典は他の将官と違い省部経験・政治経験がほとんどなく、軍人としての生涯の多くを司令官として過ごした。

乃木希典は陸軍入隊の際に少佐として任官され、第14連隊長心得として小倉に赴任する。時を置かず勃発した秋月の乱を鎮圧、つづいて西南戦争に従軍。西南戦争では初戦時、退却の際に連隊旗を保持していた兵が討たれ、連隊旗を薩摩軍に奪われてしまう。乃木希典は自責の念から戦死を望むかのような蛮戦を繰り返し、退院後は熊本鎮台の参謀となり第一線指揮から離れた。乃木希典の行動に自殺願望をみた山県有朋や児玉源太郎など周囲が謀った事と言われる。
乃木希典は官軍の実質的な総指揮官であった山県有朋に待罪書を送り、厳しい処分を求めた。しかし、連隊旗紛失後の奮戦も含め、自ら処罰を求めた行動はかえって潔いと好意的に受け止められ、罪は不問とされた。これに乃木希典は納得せず、ある日割腹自決を図り児玉に取り押さえられるという事件があったと言われる。「軍旗は天皇陛下から給わったもの。詫びなければならない」と言って譲らない乃木希典に対し、児玉は厳しく諫めたという。後に乃木希典が殉死した際、遺書とともにこのときの待罪書が見つかった。大将にまで上り詰めた乃木希典が、若き日に起こした失態の責任を忘れていなかったことと、その時果たせなかった切腹による引責を殉死によって遂げたことが明らかになり、その壮烈な責任感は、日本のみならず世界に大きな衝撃を与えた。

台湾総督時代には抵抗運動鎮圧に苦労し、後の児玉源太郎や明石元二郎のような積極的な内政整備は出来なかった。そのため、本人も総督としての職務失敗を理由に辞職する。
日露戦争では、旅順要塞攻略のために新たに編成された第三軍の司令官に任命される。第一回総攻撃では空前の大規模な砲撃を行った後、第三軍を構成する各師団の歩兵部隊に対し、ロシア旅順要塞の堡塁へ白昼突撃を敢行させ多くの犠牲者を出した。乃木希典はこの失敗により要塞の堡塁直前まで塹壕を掘るなどし犠牲者を激減させた。この一連の戦闘で次男保典少尉が戦死(長男勝典も、先に行われた南山の戦いで戦死している)。旅順攻略戦が極めて困難であったことや、二人の子息を戦死で亡くしたことから、乃木希典の凱旋には多くの国民が押し寄せた。

後、各戦役での活躍や、徳行から乃木希典は軍の武徳の具現者と見なされた。明治天皇を追った殉死の後は、日本各地に乃木神社が建てられ、文武の神として崇められた。支那事変から大東亜戦争の間、軍部の国家総動員政策のうち精神動員に、乃木は陸軍の英雄として利用され、国民の戦意をあおった。他方日露戦争での日本の勝利は、ロシアの南下政策に苦しめられていたオスマン帝国で歓喜をもって迎えられた。乃木希典はオスマン帝国でも英雄となり、子どもに乃木の名前を付ける親までいたという。
戦後の乃木希典は、旅順や奉天で戦死・戦傷した部下や遺族の窮状を聞くと、密かに訪れて見舞金を渡したり、従者を送ったりした。やがてこのことは報道機関の知るところになり、乃木希典はさらに神格化された。また、上腕切断者のために自ら設計に参加した乃木式義手を完成させ、自分の年金を担保に製作・配布した。この義手で書いたという負傷兵のお礼を述べる手紙が乃木希典宛に届き、感涙にむせんだという逸話も新聞にも取り上げられ、庶民の「乃木将軍」はますます大きくなり、英雄・偉人というだけでなく、ある種の信仰対象という域までになった。

乃木希典は明治天皇からの信望が厚く、明治天皇が後継者と期待していた迪宮裕仁親王(後の昭和天皇)の教育係として学習院院長に命じられる。幼親王も乃木希典を慕い、乃木希典も聡明な親王に陽明学を勧めた。殉死の数日前には、乃木希典は親王に自ら写本した山鹿素行の「中朝事実」と「中興鑑言」を渡し、この本がいかに素晴らしいかを説き、熟読するよう念押しした。当時弱冠10歳の親王は乃木希典のただならぬ気配に、これは遺言だと気付き、思わず「閣下はどこかに行ってしまわれるのですか?」と聞いたという。昭和天皇は後々まで、乃木希典の教えや逸話を記者会見で紹介した。
乃木希典はまた、楠木正成を深く崇敬した。乃木希典の尽忠報国(この語源は中国史上の英雄、岳飛)は楠公を見習ったもの。乃木希典は、大正元年9月13日、明治天皇大葬の夕に、妻とともに自刃して亡くなった。日露戦争時において子息を無くし、多くの犠牲者を出したことから、責任を取るために切腹を申し出ていたが、明治天皇から制止され、子供を無くした分、自分の子供だと思って育てるようにと学習院の院長を命ぜられた。その際「自分が死ぬまで死ぬことはまかりならん」と言われた通り、明治天皇崩御に合わせ殉死した。この事件は当時の社会にあってきわめて衝撃的に受け止められ、結果的に死後乃木希典の盛名を更に高からしめることになった。



テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学


Comments

Leave a Comment



12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

11

01


 
プロフィール

ただの世界史好き

Author:ただの世界史好き
かんたん世界歴史人物評は管理人の主観による人物伝です。中国史は別サイトを見ていただくとして、それ以外の世界の歴史人物を出来るだけ沢山採り上げていきます。

 
世界歴史人物人気トップ10
 
 
 
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。