かんたん世界歴史人物評

世界史(中国史を除く)に登場する様々な人物を完全主観で評価。かんたんに世界の歴史人物をチェック!

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



源為朝


Category: 日本
源為朝 能力データ
魅力 7 / 統率力 8 / 戦闘力 10 / 政治力 1 / 知力 6

源為朝は源為義の八男で、平安時代末期の武将。母は摂津国江口の遊女。「保元物語」の事実上の主人公で、そこには人間離れした活躍が描かれている。
源為朝は七尺ほど(2m10cm)の大男で目の隅が切れあがった容貌魁偉な武者であり、強弓の使い手で左腕が右腕よりも4寸(12cm)も長かった。勇猛で傍若無人、兄達にも遠慮しなかった。
13歳の時、父為義に勘当されて九州に追放されてしまう。その後鎮西総追捕使を称して暴れまわり、菊池氏、原田氏など九州の豪族たちと数十回の合戦や城攻めを繰り返し、3年のうちに九州を平らげてしまった。香椎宮の神人が源為朝の狼藉を朝廷に訴え出たために出頭の宣旨が出されてしまうが、これに従わなかったため父が解官されてしまった。これを聞いて為朝は帰参することにし、九州の強者28騎を率いて上洛した。

翌保元元年(1156年)、鳥羽法皇が崩御すると、治天の座を巡って対立していた崇徳上皇と後白河天皇の衝突は避けられないの情勢になる。双方が名だたる武士をそれぞれの陣営に招くなか、源為朝の父・為義は上皇方の大将として招かれる。老齢を理由に再三これを辞したものの遂には承諾させられ、源為朝ら6人の子を引連れて崇徳上皇の御所白川北殿に参上した。一方、関東を地盤としていた為義の嫡男の源義朝は多くの東国武士とともに天皇方へ参じた。
源為朝は三尺五寸の太刀を差し、五人張りの強弓を持って西河原面の門を守った。7月11日、軍議が開かれると源為朝は「九州で多くの合戦をしましたが夜討に勝るものはありません。ただちに高松殿(天皇方の本営)へ攻め寄せ、火を放てば容易に勝てましょう。兄の義朝が出てくれば私が射落としますし、清盛なぞは敵にもなりません。逃げ出してくる主上の駕車の人夫を射散らして、主上をお連れすればよろしい」と夜討を献策するが、左大臣藤原頼長は「乱暴なことを言うな。夜討などは武士同士の私戦ですることだ。主上と上皇の国を巡る戦いである。興福寺の僧兵の到着を待って決戦するべし」と退けてしまった。源為朝は兄の義朝は必ず夜討をしかけてくるだろうと予見して口惜しがった。その夜、源為朝の予見通りに天皇方が白河北殿に夜討をかけてきたため、源為朝を宥めるために急ぎ除目を行い蔵人に任じるが、為朝は「もとの鎮西八郎でけっこう」と跳ね付けた。

平清盛の軍勢が源為朝の守る西門に攻め寄せ、清盛の郎党伊藤景綱、伊藤忠清、伊藤忠直が名乗りをあげると源為朝は「清盛ですら物足りないのに、お前らなぞ相手にならん、退け」と言う。景綱が「下郎の矢を受けてみよ」と矢を放つ。為朝はものともせず「物足りない敵だが、今生の面目にせよ」と七寸五分の矢を射かけ、矢は忠直の体を貫き、後ろの忠清の鎧の袖に突き刺さった。忠清は矢を清盛のもとに持ち帰って報告し、清盛たちは驚愕して怖気づいてしまう。清盛は部署を変えて北門へ向かうが、嫡男の重盛が口惜しいことだと挑もうとして清盛があわてて止めさせた。剛の者の伊賀国の住人山田伊行は矢一本で引き退くのは口惜しいと思い、進み出て名乗りをあげて射かけるが、一の矢を損じ、二の矢をつがえるところを源為朝に射落とされてしまった。

清盛に代わって兄の義朝の手勢が攻め寄せ、郎党の鎌田政清が進み出で名乗りを上げた。源為朝は「主人の前から立ち去れ」と言い返すが、政清は「主人ではあったが今は違勅の凶徒」と言うや矢を放ち、源為朝の兜に当たる。これに激怒して「お前なぞ矢の無駄だ、手打ちにしてくれる」と鎮西の強者28騎を率いて斬り込みをかけ、政清は敵わずと逃げ出し、「これほどの敵には遭ったことがございません」と義朝に報告した。義朝は「馬上の技は坂東武者の方が上である」と坂東武者200騎を率いて攻めかかり乱戦となった。
義朝は「勅命である、退散せよ」と大声をあげるが、源為朝は「こちらは院宣をお受けしている」と言い返した。義朝は「兄に弓を引けば神仏の加護を失うぞ」と言うと、源為朝は「では、父(為義)に弓を引くことはどうなのか」と言い返し、義朝は言葉に窮してしまった。
接戦となると無勢の源為朝は不利であり、大将の義朝を威嚇して退かせようと考えた。狙い誤らず、矢は義朝の兜の星を射削る。義朝は「聞き及んでいたが、やはり乱暴な奴だ」と言うや、源為朝は「お許しいただければ二の矢をお見舞いしましょう。どこぞなりと当てて見せます」と言って矢をつがえる。とっさに、深巣清国が間に割って入り、源為朝はこれを射殺した。大庭景義、景親の兄弟が挑みかかるが、源為朝は試にと鏑矢を放ち、景義の左の膝を砕き、景親は落馬した兄を助け上げて逃げ帰った。

義朝の坂東武者と源為朝の鎮西武者との間で火が出るほどの戦いが繰り返されたが、源為朝の28騎のうち23騎が討ち死にしてしまった。一方、坂東武者も53騎が討たれている。他の門でも激戦が続き、勝敗は容易に決しなかった。義朝は内裏へ使者を送り火攻めの勅許を求め、天皇はこれを許した。火がかけられ風にあおられて、白河北殿はたちまち炎上。上皇方は大混乱に陥り、上皇と頼長は脱出。為義、頼賢、為朝ら武士たちも各々落ちた。
為義は息子たちと共に東国での再挙を図るが、老体であり気弱になり、出家して降伏することに決めた。「義朝が勲功に代えても父や弟たちを助けるだろう」と為義は希望を持つが、源為朝は反対してあくまでの東国へ落ちることを主張する。結局、為義は出頭して降伏する。しかし、為義は許されず、息子たちも捕えられ、勅命により義朝によって斬首されてしまった。

源為朝は逃亡を続け近江国坂田(滋賀県坂田郡)の地に隠れた。病に罹り湯治をしていたところ、密告があり湯屋で佐渡重貞の手勢に囲まれ、真っ裸であり抵抗もできず捕えられた。京へ護送された時には、名高い勇者を一目見ようと群衆が集まり、天皇までが見物に行幸した。既に戦後処理もひと段落しており、源為朝は武勇を惜しまれて助命され、8月26日に肘を外し自慢の弓を射ることができないようにされてから伊豆大島に流刑となった。
だがやがて、傷が癒えその強弓の技が戻ると再び暴れ始め、島の代官の三郎大夫忠重の婿となり伊豆諸島を従え年貢も出さなくなった。伊豆諸島を所領とする伊豆介工藤茂光を恐れた忠重は密かに年貢を納めるが、それを知った源為朝は激怒し、忠重の左右の手の指を三本切ってしまう。
伊豆大島に流されてから10年後、この島を加えた伊豆七島を支配すると伊豆介工藤茂光は上洛して源為朝の乱暴狼藉を訴え、討伐の院宣が下った。同年4月、茂光は伊東、北条、宇佐美ら500余騎、20艘で攻めよせた。

源為朝は抵抗しても無駄であろうと悟り、島で生まれた9歳になる我が子為頼を刺し殺した。自害しようと思うが、せめて一矢だけでもと思い、300人ほどが乗る軍船に向けて得意の強弓を射かけて見事に命中し、船はたちまち沈んでしまった。館に帰り、南無阿弥陀仏を唱えると柱を背に腹を切って自害した。享年32。これが切腹による自殺の史上最初の例とされる。
追討軍は為朝を恐れてなかなか上陸しなかったが、加藤景廉が既に自害していると見極め薙刀をもって源為朝の首をはねた。
尚、琉球王国の正史『中山世鑑』や『おもろさうし』、『鎮西琉球記』、『椿説弓張月』などでは、このとき追討を逃れて現在の沖縄県に渡り、その子が琉球王家の始祖舜天になったとする伝説的な人物でもある。



テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

ただの世界史好き

Author:ただの世界史好き
かんたん世界歴史人物評は管理人の主観による人物伝です。中国史は別サイトを見ていただくとして、それ以外の世界の歴史人物を出来るだけ沢山採り上げていきます。

 
世界歴史人物人気トップ10
 
 
 
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。