かんたん世界歴史人物評

世界史(中国史を除く)に登場する様々な人物を完全主観で評価。かんたんに世界の歴史人物をチェック!

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



リチャード1世


Category: アイルランド・イギリス・フランス
リチャード1世 能力データ
魅力 5 / 統率力 8 / 戦闘力 8 / 政治力 2 / 知力 3

41年の生涯がまさに戦に明け暮れる一生で、イングランド騎士道の華と謳われたリチャード1世。
父のヘンリ2世は元フランスの大貴族アンジュー伯であったが、相続や結婚を通じてイングランド王位の他にノルマンディ、アキテーヌなどフランスの約半分の国土を領する当時西ヨーロッパ最大の君主であった。
その領土をめぐって父親に不満なヘンリ2世の四人の子供達は、フランス王と手を結んで父親を裏切り、弓を引いた。父親の跡を継いで即位したリチャード1世は、イスラム教徒から聖地エルサレムを奪還する十字軍遠征を天から与えられた使命と捉え、即位後三ヶ月でイングランドにて軍資金を集めてフィリップ2世とともに聖地を目指す。ところが両者は途上で対立し、怒ったフランス王は軍をまとめて帰国。結果、リチャード1世のみがパレスチナに向かう。
やがて聖地を当時支配していたエジプトのサラディンと激突、サラディンとの一騎打ちまでなされたが結局勝負がつかずに聖地を奪還出来ないまま名誉ある休戦を結んで帰国の途につく。この戦いによって彼は「ライオンハート:ライオンの魂をもつリチャード」と呼ばれた。

ところが帰途の途中でオーストリア公によって身柄を拘束され、ドイツ皇帝ハインリヒ6世のもとで監禁の憂き目にあい、巨額の身代金を払ってようやく帰国。帰国後もイングランドに留まらず、直ぐさまフランスに渡ってフィリップ2世を破ったが、戦中に肩に矢を受けた傷がもとで死去。
勇武と豪胆さは優れていたが、性急・無思慮で支配者としては名君とは言えない。10年余在位しながらイングランドにいたのは僅か半年にすぎず、英語も話せないし重税で国民を苦しめ、次のジョン王時代の混乱の原因をつくった。



テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学


Comments

 
軍資金に金を当てすぎてたってのはあるかもしれないけどイングランド王としては初の十字軍遠征参加。

政治面はウォルターに一任していたし、少なくとも崩壊し出したのはウォルター死後だから一概にジョン王時代の混乱の原因とは言えないでしょう。
 
 
こんにちは。
確かにジョン王時代の混乱の主原因とは言えないかもしれませんね。
コメントありがとうございます。
 
 
学術的な考証を抜きにして、イメージで捉えると、リチャード1世=上杉謙信、フィリップ2世=武田信玄、サラディン=北条氏康って感じかな。
 
 
>李常傑さんへ

私のイメージは、その日本の三名で例えるならサラディンが上杉謙信、リチャード一世が武田信玄、フィリップ2世が北条氏康ですかね。
 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

ただの世界史好き

Author:ただの世界史好き
かんたん世界歴史人物評は管理人の主観による人物伝です。中国史は別サイトを見ていただくとして、それ以外の世界の歴史人物を出来るだけ沢山採り上げていきます。

 
世界歴史人物人気トップ10
 
 
 
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。