かんたん世界歴史人物評

世界史(中国史を除く)に登場する様々な人物を完全主観で評価。かんたんに世界の歴史人物をチェック!

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッティラ


Category: イスラエル・トルコ
アッティラ 能力データ
魅力 7 / 統率力 10 / 戦闘力 8 / 政治力 4 / 知力 6

スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学

バヤズィト1世


Category: イスラエル・トルコ
バヤズィト1世 能力データ
魅力 6 / 統率力 8 / 戦闘力 5 / 政治力 2 / 知力 5

オスマン帝国の第4代皇帝バヤズィト1世(バヤジット1世)はムラト1世の子で、父の存命中から軍を率いて軍事的才能を発揮。果断で迅速なことから、「雷帝(ユルドゥルム)」と言うあだ名を与えられた。

1389年のコソボの戦い直後、父ムラト1世がセルビア人の貴族によって暗殺された時、随行していたバヤズィトはすぐさま同行の弟たちを殺害し即位した。即位後は積極的に外征を進め、セルビア・ボスニア・ワラキアなどを服従させ、バルカン半島の大半を支配下に収める。1391年にはコンスタンティノープルを包囲したことからハンガリー王ジギスムントを中心とする十字軍の侵攻を受けたが、ニコポリスの戦いでこれを破った。しかしアナトリアに割拠するトルコ系の諸君侯国を次々に併合したことから、1400年アナトリアの諸勢力が東アナトリアに進出してきたティムールを頼ることになる。ティムールはバヤズィトに対し、「アナトリアの諸君侯に旧領を返還する」よう要求した。このためオスマン帝国は、ティムール朝と対立するに至る。1402年バヤズィトはアンカラの戦いでティムールに敗れて捕虜となり、翌1403年に獄中で失意のうちに病死。

その後バルカンの辺境は、帝国に服属していた諸侯が離反。アナトリアではバヤズィトの滅ぼした諸君侯国が、ティムールの手で復興された。オスマン領に残されたムラト以前の支配地域も、エディルネに拠ったバヤズィトの長男スレイマン・チェレビーが、ヨーロッパ側を支配。アジア側はその弟達、アマスィヤに拠ったメフメトとブルサに拠ったイーサによって分割支配する事となった。オスマン帝国の分断と空位の時代は、1413年バヤズィトとともにティムールに拘禁された後解放された、末弟ムーサを含めた四兄弟の争いがメフメト1世の勝利に帰すまで続いた。

テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学

セリム1世


Category: イスラエル・トルコ
セリム1世 能力データ
魅力 6 / 統率力 8 / 戦闘力 6 / 政治力 4 / 知力 6

セリム1世は、オスマン帝国の第9代皇帝。
1512年に父バヤズィト2世を退位させて皇帝に即位したセリム1世は、即位後に内紛を避けるために兄弟たちを次々と殺した。バヤズィト2世もその後すぐに歿している。
先帝までは主にバルカン半島に進出したが、西アジア方面の征服は立ち後れていた。そこで彼等とは対照的にセリム1世は東方への積極的な領土の拡張を推進。アジア、エジプトへと征服を推し進めていく。白刃と騎兵の突撃に頼る旧態依然とした他のイスラムの王朝の軍隊に対し、セリム1世は火砲を効果的に用い、次々と勝利を収める。
1514年、サファヴィー朝のイスマーイール1世と戦い、チャルディランの戦いで勝利。1515年からアラブへの遠征を開始し、翌1516年にアルジェを占領。マルジュ・ダービクの戦いでマムルーク朝軍を破って翌年には首都カイロを落とした。こうしてマムルーク朝を滅ぼしたセリム1世はシリア、エジプト、パレスチナを併合。また、マムルーク朝の滅亡にともない、聖地メッカ、メディナをオスマン帝国の保護下に置いたことで、オスマン帝国はスンナ派イスラム世界の盟主の地位を獲得した。これが19世紀のオスマン帝国に、スルタン・カリフ制の伝説を生むこととなる。

エジプトから戻るとすぐ、ロードス島への遠征を準備したが、病気を患って即位9年目にして歿した。帝位は子のスレイマン1世が継承した。セリム1世の在位はわずか8年に過ぎなかったが、父から受け継いだ領土は230余万平方キロであったのを、650余万平方キロにまで増大させている。
細心な計画と大胆な行動力を持ち合わせ、反対者には酷薄であり、同族や大臣であろうとも容赦なく次々と処刑したが、史家によっては、彼の業績は「征服者」と呼ばれた祖父メフメト2世を凌ぐと評価する者もある。

テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学

ダビデ


Category: イスラエル・トルコ
ダビデ 能力データ
魅力 8 / 統率力 7 / 戦闘力 7 / 政治力 5 / 知力 7

ダビデは生涯に自らの為に5回、イスラエルの為に13回、計18回の戦闘を行った。
ベツレヘムのユダ部族に生まれ、父の羊飼いをしながら覚えたハープと歌が評判となってサウル王の宮廷へ召し出される。ペリシテ人との戦闘で巨人ゴリアテを石投げ機で倒し、軍人としても頭角を現すと王子ヨナタンと親友となり、王女ミカルを妻とするまで栄達。しかし、サウル王はダビデの才能に嫉妬した為に身の危険を感じたダビデは敵であるペリシテ人の元に逃亡。
サウル王がペリシテ人との戦いで敗死すると、南方の同胞を説得して紀元前1002年にヘブロンを首都としてユダ族の王となり、更にはサウルの残党を倒してイスラエルの王位に就く。以後はペリシテ人から同胞を解放し、南方に分散した同胞を統一する拠点として異教徒の砦であったエルサレムを奪取、そこに十戒を刻んだ二個の平たい石を納めた「契約の箱」を移して首都とした。

そして南方のエドム族、当方のモアブ族(現在の死海西岸)、アンモン族(現在のヨルダン北西部)、北部のアラム族(現在のシリア)を攻略、非イスラエル人も才能に応じて次々と登用し、イスラエルをナイル川~ユーフラテス川における最強国家とした。
ただ、内政面では長子アモンが弟アブサロムに殺され、そのアブサロムをダビデの腹心である勇将ヨアブが殺したり、次男のアドニヤを世継ぎに立てながら、愛妾バセシバに強要されて彼女との子ソロモンを世継ぎにするなど、指導力を全く発揮出来ずに没した。

詩人と名高いダビデは、旧約・新約「聖書」でともに歴代の王の中で最も多くの紙面が割かれ、後にイスラエル理想の王と言われたメシアでさえ「ダビデの子」と呼ぶ程に理想化している。

テーマ : 歴史小説    ジャンル : 小説・文学

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

ただの世界史好き

Author:ただの世界史好き
かんたん世界歴史人物評は管理人の主観による人物伝です。中国史は別サイトを見ていただくとして、それ以外の世界の歴史人物を出来るだけ沢山採り上げていきます。

 
世界歴史人物人気トップ10
 
 
 
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。